シラチャの不動産会社・タイショウ不動産

サンタラレジデンス・シラチャ不動産

 

単身者・ご夫婦向けサービスアパートメント「サンタラレジデンス」が募集を開始いたしました!

 

単身者・ご夫婦でシラチャに駐在する日本人に快適な空間を演出した、サービスアパートが新たにシラチャに登場しました。

 

大型ショッピングモールです。24時間営業のマックスバリューをはじめ、有名な日本食レストラン多数入居する施設となっています。イオンシラチャから徒歩1分、ゴールデンシティの目玉として注目されていた『サンタラレジデンス』が、ついにオープンいたします。

 

サンタラレジデンス・シラチャ不動産

サンタラレジデンス・シラチャ不動産

サンタラレジデンス・シラチャ不動産

サンタラレジデンス・シラチャ不動産

サンタラレジデンス・シラチャ不動産

 

46u・1ベッドルーム:月額39,000バーツ〜
64u・大型1ベッドルーム:月額49,000バーツ〜

 

★有名日本料理店プロデュースによる朝食サービス
★面倒な洗濯もお任せ!!ランドリーサービス
★24時間警備員常駐、セキュリティーカードキー
★充実したキッチン・家具類(自炊も可能です!!)
★大型プール、フィットネス
★コーヒーも飲める『ライブラリー室』
★日本語の日刊新聞ロビーにて読めます
★日本語放送(民放)も室内にて視聴可能!!

 

 

※サンタラレジデンスのご案内は日本語窓口の『シラチャ・トレーディング不動産(G−body thailand co.,ltd)』のご案内となります。
G-body (Thailand) co.,ltd 165/28 Moo 10, Tambol Surasak Amphur Sriracha Chonburi 20110 Thailand

 

 

シラチャの不動産会社、タイショウ不動産です。

 

今、どうしてタイが日系企業から注目を浴びているのか!?自動車、電気・電子産業等、製造業のグローバル化・国際化が急速に進んでいます。

 

大企業のみならず中小製造業も同様に海外への投資・進出に注力。企業の経営活動において海外市場への進出が大きなキーポイントになっています。

 

ASEANの中心国でもあるタイは、自動車、電気・電子産業を中心に裾野産業を展開し、投資奨励政策、産業の集積および近年の周辺国とのFTA,EPAの締結によって立地優位性が高まっています。

 

最近では特にチャイナリスクを懸念した中国からのシフト先、現地マーケットの今後の成長性の高さとしても、タイの存在が日本でも年々注目度を増しています。

 

タイで工場設立、工業団地への進出をお考えであれば一度相談ください。BOIの申請手続きのご相談、用地選定、工場の建設、社員寮の建設等タイで始業するために必要な手続きを代行させていただきます。

 

「タイ進出」は良い土地、工業団地選びから。近年大企業のみならず中小企業のタイ進出が加速しています。日系の自動車、電気・電子関連企業から注目の微笑みの国タイ。タイは日本企業のみならず各国の製造ハブへと進化を遂げています。

  • 取引先がタイに進出した。
  • タイで会社設立を考えている。
  • タイに工場設立を考えているけど何から始めてよいのかわからない。
  • BOIって優遇されるって聞いたけど実際にどうすれば良いの?

日本国内の受注減に苦しんでいませんか?日本の金型企業がタイに進出し、新天地で見事に復活している例、日本国内の本社の売り上げを超える例も多数出ています。

 

工業団地近隣、同じ工業団地内に関連産業が集中することのメリット。工業団地内に工場を構えることで得られるメリットは様々あります。域内ネットワークを活かして協力しあえることのメリットを認識していただけると思います。

 

  

 

タイで生産する大きな利点、サプライヤーの集積の厚さ、FTAの進展、BOIの恩典等この点に注目して進出する日系企業が多数。現在は円高懸念、日本国内の電力不足を懸念してタイ進出計画をしているところも目立ちます。

 

ベトナム、インドネシア、インドへの地理的な優位性。タイも日本の誘致には積極的です。日本企業は他国と違い、永続的な関係が築けることもタイが日本の誘致に積極的な大きな理由でもあります。

 

近年注目度を増している、日本人駐在員も多い都市シラチャの近郊には多くの工業団地があります。どの工業団地へも車で40分ほどの利便性の高さ、レムチャバン港へのアクセスの良さ、東洋のデトロイトと呼ばれるタイ東部臨海工業地帯に日系自動車メーカー、自動車部品メーカーが集中するのにはわけがあるのです。

 

タイ政府が掲げる東洋のデトロイト構成の中心「イースタン・シーボード工業団地」にも多くの日系企業が入居しています。シラチャ近郊の工業団地は自動車産業の一大集積地として注目度の高い地域です。アマタナコン工業団地は最も人気のあるエリアです。東部のチョンブリ県・ラヨン県は注目度の高い地域です。

 

タイは新興国市場への輸出生産拠点として注目度1と言っても過言ではありません。

 

タイに工場進出するには?

タイ工場進出

タイのビジネス事情を何もわからない状態で安易にタイ進出を選択するのは危険です。シラチャ近郊の工業団地からどの工業団地を選ぶのがベストなのか?BOIの申請をして認可を得ることのメリット、工場建設までの期間、必要な手続き等知っておくべきことはたくさんあります。

 

工場の進出計画、BOIの申請、住居の確保等、一人でやるとなるととてつもない時間と労力が必要になり、異国の地で徒労することは目に見えています。だからこそ、タイ事情に精通したエキスパートの力が必要不可欠です。

 

チョンブリ県・ラヨン県の土地事情はお任せください。工業団地はどんな点に注意して選定すれば良いのか、工場はレンタルが良いのか、購入するのが良いのか、「うちの条件に合う土地、工場、工業団地はある?」「これぐらいの資金で、これぐらいの面積の土地を探している」「うちはBOIの申請ができるのか?」等気になる点は多いと思います。

 

チョンブリ県にあるアマタナコン・ピントン・ヘマラート工業団地内の土地は勿論、工業団地外の広大な土地、幹線道路沿い、港に近い土地等のご案内も可能です。工業団地外での工場建設や従業員の寮の建設のご相談も賜っております。

 

地元の分譲開発会社のグループ企業として、地の利を活かした対応が可能です。

 

タイ東部チョンブリ県、ラヨン県近郊の工業用地の確保、工場建設の他、中古工場や飲食店向けの居抜き店舗等の物件探しもお任せください。シラチャの物件に関しては日本人駐在員から人気のある物件、そうでない物件がはっきりとわかれてきています。

 

 

現在投資物件のお問い合わせも多くいただいております。お気軽にお尋ねください。

弊社の強み!

タイチョンブリ県シラチャ-の地元企業・ゴールデンランドマーク社のグループ会社企業だからこそ、シラチャ近郊の土地は勿論のこと、アマタナコン工業団地、ピントン工業団地周辺の土地事情にも精通しています!

 

チョンブリ県の工業団地での工場建設、工業団地外での工場建設、土地の確保を最も得意としています。他社ではできない地元密着ネットワーク網がある弊社だからこそできることを強みとしています。

 

チョンブリ県での土地の確保、工場の建設のこと、お気軽にお問い合わせください。土地、工場の現地視察も歓迎いたします。

 

ジェイパーク近郊の土地物件

 

日系の有名スーパー、ドラッグストア、飲食店等が集積しているシラチャの新たな注目スポットJパーク!このジェイパーク近郊の土地が新たに売り出されています。

 

シラチャ土地 シラチャ土地

 

  • シラチャ中心街より車で10分程度
  • 平坦な土地で土地面積が10.5ライ
  • 土地単価は1ライあたり320万バーツ

建売住宅にも適した土地と立地で注目。
詳細はお気軽にお問い合わせください。